人生を本にすることの魅力とは

世界にたった一つだけ、家族の人生が本になる

世界の総人口は約73億人、日本国内だけでも約1億2千万人います。
人生は一人一人に与えられた一度きりの物語。
その物語を一冊の本という目に見えるにすることで様々な思い出を家族と一緒に振り返ることができます。

本を作らなければ、家族の存在は残らない


※坂本龍馬
私たちは幼い頃から学校で偉業を成し遂げた歴史上の人物がいつ、どの土地で生まれ、どのような人生を送ったのか学んできました。

では自分の両親、祖父や祖母、先祖がどのような人生を歩んだかご存知ですか?
出身地などを知っている方はいらっしゃると思いますが、そこまで詳しく知らないという方が多いと思われます。
偉業を成し遂げた歴史上の人物の一生を勉強するよりも自分の家族がどのような人生を歩んだのか、どのような時代を生きてきたのかを知ることが大切なのではないでしょうか。

なぜなら先立たれた先祖が必死に繋いでくれた大切な命が「今を生きる私たちのルーツ(原点)」なのですから。
Life bookを作成いただくことで両親や祖父母の生きた証をいつまでも残すことができます。

これから生まれてくる世代へ伝えることの大切さ

これからの時代ますますインターネット社会が進み、テレビやネットでしか今の時代を知ることができなくなるでしょう。
ご家族が今の時代を精一杯生き、実際に目にし肌で感じたことを少しでも子供たちに伝えてあげてください。

“会ったことも話したことも無い”
それでも、自分の先祖が時代を超えて伝えてくれるコトバはネットで得る情報の何十倍も胸に響きます。
Life bookは両親や祖父母と出会うことの無い後世にまで受け継がれる家系の宝物になります。

いつでも大切な人を近くに感じられる


人は誰しも自分が亡くなった後も大切な人の記憶の中で生き続けたい、忘れて欲しくないと切に願うものです。
しかし故人との思い出にゆっくり浸る時間は法事や命日の時くらいというのが現実です。
同時に人の記憶は月日が経つごとに少しずつ薄れてゆくもの。

そんな時、本棚に飾られた故人のLife bookを家族で手に取り読むと、何十年も前の記憶や一緒に過ごした日々が蘇り家の中が笑顔に包まれることでしょう。

まだまだ人生楽しむぞ、生きる希望が湧いてくる


Life bookサービスをご利用くださる方の中には、ご家族の終活を意識され申し込まれる方もおられます。
しかし「長生きして残りの人生も精一杯生きるよ!」と家族が言ってくれたとの非常に嬉しいお声を頂いております。

自分の人生を振り返ることで、昔好きで夢中になったこと長い間忘れていたやりたかった事に挑戦しこれまで以上に活き活きと
毎日を楽しまれている方が沢山いらっしゃいます。

世界中、一人一人の人生にかけがえのない物語があります。
Life bookサービスをご利用いただくことでご家族はもちろんのこと、お客様自身にも笑顔と幸せが届くことを願っております。