認知症の予防、進行を防ぐ為に家族が今すぐやるべき回想法

未分類

認知症に関する基礎知識

認知症と聞くと単なるもの忘れをイメージする方も多いと思いますが、記憶の消失だけでなく理解力や判断力にも大きく影響します。
認知症とは日常生活が困難になる状態の総称で病名ではありません。

脳細胞の死滅や活動の低下によって認知機能に障害が起こります。放置してしまうとコミュニケーションを取ることが難しくなり、徘徊や暴力といった危険行為にまで発展する恐れがあります。
一方で、早期に認知症を発見し適切な処置を行えば認知症の進行を大きく遅らせることができます。

こちらでは「認知症」と「もの忘れ」の違いを説明すると共に、近年認知症の方に大きな効果が立証された「回想法」を紹介します。

認知症に効果あり!家族が自宅で簡単に行える「回想法」

回想法は1960年代にアメリカの精神科医、ロバート・バトラー氏が提唱した心理療法です。

昔の出来事や懐かしい思い出を人に話すことで脳が刺激され、精神状態を安定させる効果があります。
認知機能が改善することも明らかになり、日本でも認知症患者のリハビリテーションに利用されるようになりました。

認知症は記憶障害が進んでも古い記憶は最後まで残っていることが多く、認知症の特徴を生かした方法と言えるでしょう。
回想法は家庭で行う場合でも特別な知識は必要ありません。

ご家族が子どもの頃にしていた遊びや、昔の話、若い頃に流行していた映画や好きだった音楽など。
昔の写真を一緒に見ながら問いかけてながらご家族の話に耳を傾けてあげてください。

回想することで「話す」「聞く」「コミュニケーションをとる」という一連の会話が孤独感や不安を減少させ、普段の生活に対する意欲を向上させることもできるとされています。

こうした回想法の有効性は国立長寿医療研究センターで検証され、認知機能が改善した結果が出ています。

認知症の方の心が一番リラックスした状態で会話できるのはご家族の方ではないでしょうか?
是非とも回想法の効果を実感していただければ幸いです。

認知症は過去の記憶を思い出せなくなり、進行が進むと会話も困難に。

ご家族が認知症になられた場合は専門医の診断を受け治療することが最優先です。
しかし介護や通院という忙しい中でも、ご家族の記憶が「」も少しずつ失われているという事を忘れてはいけないません。

認知症の症状が進行してしまうと、自分の記憶が思い出せなくなり日常生活を送ることも困難になります。

私たちの人生は記憶で作られている」といっても過言ではありません。

これまで生きてきた中で、誰と、どこで出逢い、何をしてきたのか。
様々な場所で過ごした日々と経験した出来事、それら一つ一つの積み重ねが人生となっています。目を閉じて思い返してみると、これまでの様々な出来事や思い出が私たちの大切な記憶として残っています。

認知症と闘っている全ての方にも「忘れたくない、失いたくない大切な思い出」がきっと沢山あるはずです。
生涯のパートナーとして愛した大切な人の名前、家族と一緒に過ごした思い出の数々、若かりし頃の青春の日々。

これらの記憶を思い出せなくなる事がご本人にとって、そして支えるご家族にとってどれだけ辛いことでしょうか。
認知症の進行を防ぎ、大切な記憶を守る為に出来る限りの事をしましょう。

老化によるもの忘れと認知症の違い

最近ご家族のもの忘れがひどかったり、何度も同じ話をすることが増えていませんか?

認知症は早期発見がとても大切です。
もの忘れと認知症の違いを見比べ、少しでも気になる方は専門医の診断を受けましょう。
出典:SOMPO笑顔倶楽部

認知症の原因となる主な病気

認知症の原因になる病気はたくさんあり、一般的にはアルツハイマー病がよく知られていますが代表的なものは次の4つです。

「アルツハイマー病(アルツハイマー型認知症)」

認知症の原因として最も患者数の多い病気です。

大脳の側頭葉「海馬」が萎縮し、症状はもの忘れから始まり、徐々に進行していきます。
初期段階では体は動きますが進行が進み大脳の機能が弱くなると寝たきりの状態になってしまいます。

「脳血管性認知症」

脳の血管が詰まったり破れたりして脳の機能が低下します。
もの忘れなどの症状のほか、手足の震えや麻痺など運動障害が特徴です。

「レビー小体型認知症」

脳の側頭葉、後頭葉の萎縮や活動の低下による「幻視、妄想、うつ状態」が目立つ特徴です。
手の震えや小刻みの歩行、手足の痺れ、表情が上手く作れない。
など、パーキンソン病のような症状の他、便秘や失禁、立ちくらみなどの自律神経症状を伴う事もあります。

「前頭側頭型認知症」

高度な判断を行う前頭葉や側頭葉を中心とした脳の萎縮が特徴です。
社会のルールに合わせた行動が難しくなり、場所を考えず排便をするようになります。
落ち着かなくなり、同じ行為を繰り返す場合がある一方で、非活動的になり、物ごとに対して無関心になることもあります。

症状の表れ方や治療方法などがそれぞれ異なります。
若い世代の方が発症する事もあるので早期に専門医の診断を受けることが何より大切です。

コメント