中条 進

人生を豊かに過ごす為の

今日行く(教育)と今日用(教養)

 

今回はお孫様より、敬老の日のプレゼントとしてご利用いただいた中村さんにお話を伺いました。
何十年経っても奥様の事を大切にされている素敵なご家族ですね、ご協力頂きありがとうございました。

お客様からのメッセージ

祖父と話をしていると小さい頃の感覚に戻って昔はよくこうやって一緒に話をしたな~と思い出しました。
ずっと忙しくて家族の時間を取れていなかったので今年のプレゼントは本当に良かったです。

昭和の学校生活

・おじいちゃんが学生だった頃はどんな学校だった?

そうだねーまず今の若い子達みたいに派手じゃなかったかな。
男子はみんな刈り上げて、女子はおかっぱ頭だったし。
学校に行けることも有り難い時代だったから勉強も一生懸命やってたよ。


妻との出逢い

・おばあちゃんとはどこで出逢ったの?

高校を卒業してから勤めていた会社で、社内恋愛だったんだよ。
違う部署だったから話す機会も無かったけど仕事も真面目で綺麗でずっと気になっていてね。
会社の食事会の時に初めて話をして、二人で会うようになってそれから交際が始まったかな。

・今もおばあちゃんの事が大好き?(笑)

もう40年近く一緒にいるから今更好きも嫌いも無いけど、いてくれないと困るね。
なんとかこうして元気でいられるのも和子のお陰だよ。


自分が楽しいと思える仕事

祖父は高校を卒業した後、定年退職するまで大手下着メーカーに勤めていました。
・ずっと同じ会社で働いていて辞めたいと思ったことは無かったの?

昔は今と違って定年まで働くことが当たり前だったからね。
とにかく毎日働いていた、新しい商品開発の時なんかは当時の同僚とよく徹夜したな~。

大変な事も多かったけど楽しかったしやりがいがあって充実してたよ。
だからゆりも多少しんどくても自分が楽しいと感じる仕事をしてくれると嬉しいな。


年齢を重ねて気付いた、人生を豊かにする人付き合い

昔からよく教育と教養が大切って言う人がいる、要は学歴とか頭の良さが大事だと。
でも年齢を重ねていくと「今日行く所がある、今日用事がある」

一日ずっと家にいるんじゃなくて、外に出掛けて人と会ったりする事がどんなに大切で有り難い事か身に染みるよ。


祖父との思い出

祖父は私を本当に可愛がってくれて、しょっちゅう私の母親に甘やかしすぎないでよ!なんて言って怒られていました。
小さい頃からよく一緒に将棋をしていたお陰で今まで負け知らずです(笑)
物静かなおじいちゃんと過ごすゆったりとした時間が昔から好きでした。

こちらのページはご家族のやりとりを一部抜粋させて頂き、編集したものです。